感染症にならないための方法

手洗い

感染症といえば、昔は死に至るものでしたが、公衆衛生が発達した現代は、決して怖いものではなく、予防できるものです。
予防にあたっては、日常的に習慣にすることが大事です。
感染症にならないための方法としては、代表的なものとして、次のものがあげられます。

第一は、手洗いです。
手洗いは、感染症予防の基本的な行動です。
石鹸でよく手洗いをすることが感染症を予防します。

第二は、うがいです。
うがいは、日本独特の感染症予防です。
うがいをした場合の発症確率は、うがいをしなかった場合と比べて40%減少するという研究結果もあります。

第三は、マスクの着用です。
まず、自分が咳をする場合は、ハンカチなどで口を塞ぎ、周りへの拡散を防止します。
インフルエンザなどの流行時には、外出する際のマスクの着用が感染症予防に効果的です。

第四は、予防接種です。
特に、幼児は、自治体で行う定期予防接種を必ず摂取することが重要です。
予防接種は、複数回、一定の間隔で接種することとなっており、母子手帳や自治体からの通知に留意することが大事です。
定期予防接種は公費負担となっており、定期接種以外にも、接種できるものがありますが、自己負担で接種することとなっています。
また、大人は、代表的な予防接種に、インフルエンザやはしかがあり、自己負担で接種することができます。

以上が、感染症にならないための方法として代表的なもので、日常生活の中で実践が可能です。